ヴァルキリーアナトミアはVP1の過去!? VP1のストーリーをまとめてみた。

VAタイトル

先日発表されたVALKYRIE ANATOMIA-THE ORIGIN-(2016年春 配信予定)

本作はシリーズ第1作目であるVP1(ヴァルキリープロファイル)より前の話しであることがプロデューサーの山岸功典氏より明かされました。

そして本日、4月14日に第一弾映像が出るとのこと。

その前に!

もうVP1のストーリー忘れちゃったよ・・・という方が多いと思うので振り返ってみましょう!

真エンドは文字通り神シナリオ!

スポンサーリンク
パコソン用 レクタングル 336 280

ゲーム内の背景

  • 舞台は神界と人間界
  • 神界ではオーディン率いるアース神族スルト率いるヴァン神族が対立していた
  • オーディンは最終決戦(ラグナロク)に備えてレナス・ヴァルキュリア(主人公)を人間界に派遣
  • レナスに下された命令は戦死した強い英雄の魂を神界に導き、自陣アース神族の戦力とすることだった。(導かれた戦死達は”エインフェリア”と呼ばれる。)

物語の流れ(※以降ネタバレあり)

  • レナスは人間界の英雄達をエインフェリアとして次々と神界に送り出す。
  • そんな中、同士であるアース神族のロキはオーディン・スルト双方を討ち取ろうと水面下で計画していた。
  • ロキはオーディンの宝ドラゴンオーブを盗む。
  • ドラゴンオーブは強い力を持っていた。それを手に入れたロキ自身も強大な力を得る。
  • ロキはヴァン神族の王スルトにオーディンを倒すことを持ちかけるも拒否されたためスルトを殺害。
  • ロキは洗脳したヴァン神族を率いてオーディンを倒す。
  • レナスはロキを止めようとする。
  • ロキはドラゴンオーブを使って世界を滅亡させる。
  • しかし、とある出来事により新たな力を得ていたレナスは創造主となり(後述)、ロキを倒して世界を再生させる。

レナスの物語

  • 役目がある時はヴァルキリー(神族)として活動。ない時は人間として転生し続けている。(レナス自身はそれを知らない)
  • 最後に人間だった時はプラチナという銀髪の少女であった。
  • プラチナは幼馴染の男の子ルシオの目の前で死亡する。
  • ルシオはプラチナのことが忘れられずに過ごしていた。ある時偶然にもヴァルキリーとして活動中のレナスに”エインフェリア”として選定される。
  • ルシオはレナスにプラチナの面影を浮かべる。
  • ルシオは神界にて悪巧みをするロキに殺されてしまう。
  • ルシオの死がきっかけとなりレナスにプラチナとしての記憶が蘇る。
  • しかし、人間としての記憶を思い出してしまった時のためにオーディンが用意していたプログラムが発動し、レナスは別人格アーリィ・ヴァルキリアに肉体を乗っ取られてしまう。(人間としての記憶・感情があるとエインフェリアの選定に支障が出る恐れがあったため。)
  • エインフェリアの一人であるレザードヴァレスにより、レナスの魂は人の体を模したホムンクルスという器に移され、レナスは復活を果たす。
  • ホムンクルスは「エルフ」「人間」の要素でできていた。
  • これによりレナスは「神」「エルフ」「人間」の力を得たことになる。
  • アース神族の王オーディンは「神」と「エルフ」のハーフであった。つまりレナスはそれらに「人間」の成長要素を加えた、オーディンを超えた存在(創造主)となった。

おわりに

以上がヴァルキリープロファイル1(VP1)のストーリーです。
私自身かなり忘れていたのですが、今回調べながら記事にすることで思い出せました。

アナトミアがVP1よりも過去の話しであるならば、ラグナロク前の神界の小競り合いを描きVPシリーズを補足していく形になるんでしょうかね。

というか本日、4月14日に第一弾映像が出るそうなのでそれを見れば分かるのかもしれませんが、我慢できずにストーリーをおさらいしてみました。

アナトミアに興味を持った人の助けになれば幸いです。

更なる続編を待ちましょう!!

スポンサーリンク
パコソン用 レクタングル 336 280
パコソン用 レクタングル 336 280

シェアする

フォローする